4月15日実施 中2の理科、中1の社会・理科の選択問題について

中1、2年生の理科や社会は、学校によって学習の進度や教え方の順番に違いがみられます。従いまして、一律の問題を課すと一部の受験者に不利が生じますので、選択問題という形式で対応しています。受験者がこれまで学習した範囲で答えられる問題を2種類、あるいは複数の問題から当日選択して解答します。

2年生の理科では下記のどちらかを選択します。
 「A:電流の性質とその利用」または「B:地球の大気と天気の変化」

1年生の社会では下記のどちらかを選択します。
 A:地理と歴史を並行して学習している学校(地理歴史並行型)→ <歴史>「中世の日本(鎌倉時代)まで」
 B:地理を先に学習する学校(地理直行型)→ <地理>「日本の諸地域(関東地方)まで」

1年生の理科では下記のどちらかを選択します。
 「A:力による現象」または「B:生きている地球」

自分はどちらのパターンに該当するのか、事前にチェックしておくと良いでしょう。